JAPAN PACK 2019 日本包装産業展

JAPAN PACK 2019 事前登録について

JAPAN PACK 2019
事前登録について

事前登録をご利用いただくと、当日無料かつスムーズにご入場いただくことができます。

事前登録する

JAPAN PACK 2019 団体入場登録 受付中!

当展では、団体(8名以上対象)でご来場希望の方々を対象とした事前団体入場登録を実施しています。
一人ひとりの個別登録が省略でき、当日スムーズにご入場いただけます。

「事前団体入場登録のご案内・申請書・登録シート」をダウンロード
MOBILE APPLICATION

JPアプリ - JAPAN PACK公式アプリ-

JPアプリ
- JAPAN PACK公式アプリ-

JAPAN PACK 2019の出展者・来場者のみならず、包装産業にご興味のある方のために開発した、一般社団法人日本包装機械工業会が提供する公式アプリです。

出展者情報をはじめ各種講演会・セミナー情報や会場マップなどをどこよりも早くチェックすることができる展示会活用の必携ツールとしての機能を提供しております。

※ Apple、Apple ロゴ、iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※ App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※ Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

JPアプリ - JAPAN PACK公式アプリ- 詳しくはこちら 詳しくはこちら
2019_ OUTLINE

きっとみつかる、あなたの包程式

今回の開催より日本国際包装機械展から日本包装産業展に名称が変わります。

※JAPAN PACK 2019の会場は、幕張メッセとなります。

JAPAN PACKは、新たに「日本包装産業展」として、従来の強みであるハード面に加えて、ソフト面も内包した総合展示会へと進化。
製造加工、計量、充填、包装、印刷、印字、検査梱包など「きっとみつかるあなたの包程式」をテーマとして、「包む」ことに関連する多種多様な企業、先進的な技術が一挙として集うことで、私たちが「包程式」と呼ぶ新たなつながりと相乗効果が生まれます。
ビジネスの飛躍の機会であるJAPAN PACKにぜひご来場ください。

会期 2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
開場時間:10:00~17:00
会場 幕張メッセ 国際展示場2~8ホール
〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
主催 一般社団法人 日本包装機械工業会
JAPAN PACK 2019 開催概要
2019_ EXHIBITORS / PROGRAM

展示内容・併催行事のご案内

JAPAN PACK 2019 出展企業について

JAPAN PACK 2019 出展者一覧 JAPAN PACK 2019 出展者検索

JAPAN PACK AWARDS 2019

優れた包装技術・製品を表彰/発表会やパネル展示も実施

出展各社の最新の技術研究・開発の成果を、新規性や独創性、安全・衛生性など多様な観点から審査して表彰。受賞製品の発表会・パネル展示を実施します。受賞企業ブースでは実演もご覧いただけます。

包装相談ビレッジ

包装に関する相談窓口を設置/サンプル展示や出展者紹介も

ご来場の皆様の包装に関する相談受付窓口や包装サンプルコーナー、書籍販売や会場案内に至るまで、主催者企画ゾーンや他業界団体ブースを一堂に集めたエリア。ニーズに合致する出展者もご紹介します。

各種講演会/セミナー

包装業界の”いま”がわかる講演・セミナーを随時開催

基調・特別講演会をはじめ、専門セミナーや主催者企画セミナー、出展者によるプレゼンテーションセミナーなどを実施。
包装業界を取り巻く課題に対し、解決策をご提案します。

2017_ RESULT

前回展(JAPAN PACK 2017) 来場者数

10月3日(火) 10月4日(水) 10月5日(木) 10月6日(金) 合計
天候 曇り 晴れ 晴れ 曇り -
来場登録者数 8,285
(うち海外407)
11,612
(うち海外352)
13,076
(うち海外240)
13,443
(うち海外160)
46,416
(うち海外1,159)
JAPAN PACK 2017報告書について
2017_ RESULT

主な来場者の業界・業種

前回開催のJAPAN PACK 2017は、約5万名の方にご来場いただきました。

来場者の所属業界・業種は、下記のとおり多岐に及んでいます。
来場者を対象としたアンケート結果も、軒並み高評価をいただきました。

主な来場者の業界・業種

製パン・製菓関係、食肉・水産物関係、農産物関係、麺類関係、調理食品関係、飲料・乳製品関係、その他食品関係、医薬品関係、化学・化粧品関係、鉄鋼関係、自動車・輸出機器関係、繊維関係、雑貨・文具関係、流通・サービス関係、商社関係、情報機器・ソフトウェア関係、包装資材関係、印刷関係、委託包装関係、機械・機器部品関係、ロボット関係、設備・建築関係、官公庁・団体・学校関係、報道関係、その他

来場者の過半数が「課長以上」の役職。
スムーズに商談しやすい場として機能しています。
来場者の約半数が「今回初めて来場した」と回答。
新規開拓、ビジネス飛躍の可能性が広がる環境です。
包装だけに限らず、製造ライン全体に係る様々な興味対象の方が来場しています。
「引き合い」以上の商談実現が過半数。
成約・見積・検討した方が約2割と前回より増加。
2017_ PROGRAM

前回展(JAPAN PACK 2017)の併催行事

開会式

日時: 平成29年10月3日(火) 9:40〜10:00

会場: JAPAN PACK 2017 中央登録所奥(東京ビッグサイト・北コンコース奥側)

次第: 
1)吹奏楽演奏(帝京大学吹奏楽部)
2)国旗掲揚、国歌吹奏
3)主催者挨拶(大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 会長)
4)開会宣言(輿水 博 JAPAN PACK 2017 実行委員長)
5)テープカッティング
(工藤 勉 様 経済産業省 製造産業局 産業機械課 課長補佐 / 大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 会長 / 亀田 稔 一般社団法人日本包装機械工業会 副会長 / 梅森 輝信 一般社団法人日本包装機械工業会 副会長 / 古城 美武 一般社団法人日本包装機械工業会 副会長 / 輿水 博 JAPAN PACK 2017 実行委員長)

オープニングレセプション

日時: 平成29年10月3日(火)18:00〜20:00

会場: ヒルトン東京お台場1階 ペガサスの間

次第: 
1)主催者挨拶(大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 会長)
2)来賓祝辞(安田 篤 様 経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室長)
3)乾杯(輿水 博 JAPAN PACK 2017 実行委員長 / 田中 梨乃 ミス日本酒 2017 グランプリ)
4)JAPAN PACK AWARDS 2017 表彰式
5)歓談
6)閉会

参会者数: 450名

JAPAN PACK AWARDS 2017

応募総数: 28製品

賞: 大賞1製品、優秀賞4製品、入賞10製品

審査委員: 
槌屋 治紀(株式会社システム技術研究所 所長 工学博士)
田中 正人(東京大学名誉教授 元富山県立大学学長 工学博士)
豊永 俊之(豊永デザインオフィス 代表)
下田 達也(下田特許事務所 弁理士)
西田 麻美(株式会社プラチナリンク 代表取締役・関東学院大学講師 工学博士)
石谷 孝佑(一般社団法人日本食品包装協会 理事長 農学博士)
浅野 博(関東職業能力開発大学校 教授 工学博士)

基調講演

日時: 平成29年10月3日(火)

会場: 講演会場(会議棟 会議室 605+606 号室)

講演数: 4講演

聴講者数: 328 名/ 4講演合計

特別講演

日時: 平成29年10月4日(水)〜5日(木)

会場: 講演会場(会議棟 会議室 605+606 号室)、セミナー会場1(東6ホール展示棟内)

講演数: 5講演

聴講者数: 506名/ 5講演合計

専門セミナー

日時: 平成29年10月3日(火)〜6日(金)

会場: セミナー会場1・2(東6ホール展示棟内)

講演数: 28 セミナー

聴講者数: 1,287名/ 28セミナー合計

出展者プレゼンテーションセミナー

日時: 平成29年10月3日(火)〜6日(金)10:30〜14:45

会場: セミナー会場3·4(東3·6ホール出入口付近)

講演数: 25社

聴講者数: 1,219名/ 25セミナー合計

プレスツアー

日時: 平成29年10月4日(水)10:15〜11:45

会場: プレスルーム(東1ホール商談室(1)および展示会場内

次第: 
1)挨拶(大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 会長)
2)JAPAN PACK AWARDS 2017 講評(槌屋 治紀 JAPAN PACK AWARDS 2017 審査委員長)
3)JAPAN PACK AWARDS 2017 受賞(優秀賞、大賞)ブース訪問

参加者: 16媒体/ 17名

インターナショナルレセプション

日時: 平成29年10月4日(水)11:30〜13:00

会場: VIP ラウンジ(東 1 ホール主催者事務室)

次第: 
1)開場
2)主催者挨拶(川西 能久 JAPAN PACK 2017 副実行委員長)
3)JAPAN PACK 2017 サポート海外団体 · 企業等紹介
4)歓談
5)閉会

対象者: 海外来場者および海外出展者

参会者: 65名

包括協定調印式

日時: 平成29年10月4日(水)14:15〜14:30

会場: 東2ホール商談室(1)

次第: 
1)開会
2)調印 · 契約書交換
3)各代表者挨拶(大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 会長 / 大山 恭弘 様 東京工科大学 工学部 機械工学科 工学部長 教授 工学博士)
4)記念撮影
5)閉会

包装学校交流会

日時: 平成29年10月5日(木)17:00〜18:00

会場: 包装学校交流会会場(東5ホール主催者事務室)

次第: 
1)開会の辞(大森 利夫 一般社団法人日本包装機械工業会 包装学校 学校長)
2)乾杯(梅森 輝信 一般社団法人日本包装機械工業会 包装学校 担当副会長)
3)企画運営委員の紹介および近況報告(一岡 幹朗 一般社団法人日本包装機械工業会 包装学校 企画運営委員長)
4)歓談
5)閉会の辞(岡村 剛敏 一般社団法人日本包装機械工業会 包装学校 企画運営副委員長)

包装相談コーナー/包装サンプルコーナー

開設期間: 平成29年10月3日(火)〜6日(金)10:00〜17:00

開設場所: ガレリア(東2ホール出入口付近)

相談員: 
白川 宏(白川技術士事務所 所長)
水口 眞一(水口技術士研究所 所長)
加藤 武男(凸版印刷株式会社 事業開発・研究本部 総合研究所 事業開発研究所 部長)
駒井 俊一(一般社団法人日本包装機械工業会 総務部)
長島 康男(一般社団法人日本包装機械工業会 技術部)
丸岡 裕幸 一般社団法人日本包装機械工業会 技術部)

相談件数: 240件/ 4日間合計

※主な相談内容 機械技術、包装材料、出展ブースの位置等
※主な相談内容の業種 食品・農産、化学・医薬・化粧品・繊維、機械・電機、機器

創立 50 周年記念企画コーナー

開設期間: 平成29年10月3日(火)〜6日(金)10:00〜17:00

開設場所: ガレリア(東3ホール出入口付近)

内容: 
1)パネル展示(会長挨拶、JAPAN PACK 歴代ポスター、過去・未来年表 他)
2)創立 50 周年記念誌の閲覧

就活サポートコーナー

開設期間: 平成29年10月3日(火)〜6日(金)10:00〜17:00

開設場所: ガレリア(東5ホール出入口付近)

内容: 
1)就活サポート出展者情報(パンフレット、ブース案内マップ)の提供
2)"就活シール"貼付
3)包装機械の紹介ムービー上映、包装機械デモ機展示

対象者: 高専の学生、大学生、専門学校生、日本語学校の学生

SITEMAP

LANGUAGE